passive-desigin

パッシブデザイン

パッシブデザイン | 自分らしさを暮らしのスタンダードへbe plus | 和歌山県田辺市

資料請求・お問い合わせ
  • TEL:0739-22-2133
  • FAX:0739-22-2122

パッシブデザイン

パッシブデザインを取り入れた設計手法

パッシブデザインとは、太陽の熱や光、風といった自然エネルギーを最大限に利用し、機械設備の稼働率を減らし、使用するエネルギーを小さくする設計の考え方です。

平屋でも2階建てでもパッシブデザインを基に設計していますので、建物の配置、間取り、窓の位置には全て“根拠”があります。そして、弊社では様々なシミュレーションを駆使し、その根拠を“見える化”することで、お客様がご納得したうえでご契約できるようにしています。

機械設備を使えば明るく・暖かく・涼しくできる現代ですが、それは“光熱費”というかたちで家計に跳ね返ってきます。『自然の力で明るく・暖かく・涼しく』を叶えられるとしたら、あなたはどちらの家に住みたいですか?

パッシブデザインの基本

パッシブデザインがどのように機能するのか、その原理をわかりやすくするために、夏と冬の住居における違いをイラストでご紹介します。

パッシブデザイン

  • パッシブデザイン
  • パッシブデザインの5要素

    ① 断熱・気密性の向上をデザイン

    ② 日射熱利用暖房をデザイン

    ③ 自然風をデザイン

    ④ 昼光利用をデザイン

    ⑤ 日射熱利用暖房をデザイン

  • 次世代の家づくり be plus high grade

    [性能と快適さを追求した高気密・高断熱住宅]

    サッシや断熱材、気密材、換気設備などの仕様をグレードアップさせ、be plus basicよりも家庭で使用するエネルギー量を少なくします。

    省エネを表す数値(UA値、Q値、ηAC値、ηAH値)をシミュレーションでご提示し、現場は気密測定(C値)を実施します。

    ※上記で示した数値は社内基準を設けており、高品質で資産価値の高い建物を全てのお客様にご提供致します。
    その他、自然エネルギーを最大限活用するためのシミュレーションや、暮らし方の工夫などをご提案させていただきます。

  • シミュレーションで見える化

    パッシブデザイン